やさしいコルクマットがおすすめな10の理由!!

コルクマットって、どこの製品でも同じだと思っていました。
ところが、やさしいコルクマットを使ってみると・・・
やさしいコルクマットがおすすめな10の理由!! 

ポイント その1

■防音効果が違います!!

●しっかりとした、厚みと弾力性で、階下への騒音を吸収します。

 

ポイント その2

■弾力性と柔軟性が違います!!

●ポリエチレンより柔らかく柔軟性と弾力性に優れた丈夫な素材です。
●しっかりとした、弾力性と柔軟性で転んだときの衝撃もやわらげます。

 

ポイント その3

■保湿性が違います!!

●保湿性に優れ夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

 

ポイント その4

■安心・安全素材!!

●人体に悪影響を及ぼす環境ホルモンなどの有害物質を含まないので、赤ちゃんやペットにも安全です。
●酢酸ビニル樹脂は、無色透明、水に溶けない、無味無臭の樹脂です。
だから
赤ちゃんやペットを『やさしく』受け止めます。


ポイント その5

■軽量素材で軽さが違います!!

●比重が小さい低比重で軽量化が可能です。
●空気を多く含んでいる為、ゴムやPVC(ポリ塩化ビニル)に比べ軽量です。

 

ポイント その6

■耐久性が違います!!

●屋外での使用でも紫外線や風雨を浴び続けても劣化しにくい優れた耐久性をもちます。
●変形・変色・劣化等の変質を起こしにくい性質の耐侯性に優れてます。
●EVAは、撥水が良く水にも強いことからサンダルの底やバスマットにも使われています。
●もちろん、キッチンや脱衣所など水回りでの使用も可能です。
だから
簡単お手入れ~快適な空間が長続きします~



 ポイント その7

■再利用しやすいエコ素材!!

●ポリエチレンのように塩素を含んでいないので、燃やしてもダイオキシンが発生しない環境に優しい素材なのです。
●リサイクルがしやすい素材なので、再利用しやすいエコ素材です。

 

ポイント その8

■セットアップが簡単!!

やさしいコルクマットは、つなぎ目を合わせるだけで簡単に敷き詰められます。
また、やわらかい素材のため家具などの配置に合わせてハサミやカッターでカットすることもでき、自由自在にレイアウトに合わせることができるので、お手間をおとりしません。
だから
環境にも みなさまにもやさしい製品なのです。

 

ポイント その9

■安心・安全の確かな品質!!

●SGS検査基準にもクリア
●ホルムアルデヒド不検出(乳幼児基準をクリア) 安心してご使用できます。

 

ポイント その10

■床暖房対応!!

●日本国内の一般的な床暖房やホットカーペットの使用に対応可能です。
だから
ご安心してお使いいただけます。


やさしいコルクマットの種類(ラージとレギュラー)について

やさしいコルクマットは、2種類の製品タイプをお使いの広さにあわせてお選び頂けます。
やさしいコルクマットにはラージとレギュラーの2種類がございます。

【サイズ】ラージサイズ(45cm) & レギュラーサイズ(30cm)

【厚み】ラージサイズは極厚11ミリ、レギュラーサイズは8ミリで厚みが異なります。

それぞれのサイズの特徴は、次のサイズ説明をご参考に用途に応じてお選びください。

※ラージサイズとレギュラーサイズでは、厚みが異なりつなぎ目も異なりますので併用はできませんのでご注意ください。

■ラージサイズ(45cm)のメリット
ラージサイズ(大判)だと少ない枚数で敷けるという点とつなぎ目が少なくなるというメリットがございます。

※広い面積をフラットに敷き詰める時には便利です。

※同じ1畳でもレギュラーサイズだと18枚のところ8枚で敷き詰められます。

また、ラージサイズは、厚みが11ミリあります。レギュラーサイズの8ミリでも他の製品と比べても十分な厚みがございますが、さらに、3ミリアップすることで、弾力性・防音性を高めた製品となっております。

■レギュラーサイズ(30cm)のメリット
レギュラーサイズだと変形エリアのある部屋だとか少し狭いエリアがある時はラージサイズと比べると、より自由度が増して細かく敷けるというメリットがございます。

また、部分的に交換が必要になったときにラージサイズと比べると小さな単位での交換も可能です。※ラージだと大き過ぎる細い箇所を敷き詰める時には便利です。※ラージサイズよりは厚みを少しでも抑えたい場合もレギュラーサイズが有効となります。

 

まとめ

特別な条件がなく、広いフラットなお部屋に敷き詰めるときには、極厚11ミリのラージサイズ(大判)がおすすめです。

なぜならやさしいコルクマットの特徴である、弾力性効果、防音性効果、断熱性効果がより高く教授できるからです。
また、少ない枚数で敷き詰められるので作業効率もよく、つなぎ目も目立ちません。

ただし、極厚11ミリであることや、大きいことがデメリットになるケースもございます。
少し狭い場所を敷き詰める時や、11ミリの厚みがあることで、ドアが引っかかる場合です。

また、汚れが出た時は、どんどん、交換していこうと考えられている場合は、レギュラータイプのほうが部分的に交換していけるので便利に使えます。

結局のところは、どのような部屋でどのように使おうと思っているかにより選択することになりますが、特別な条件がなければ、ラージサイズ(大判)。
色々と条件があって大判では困るときには、レギュラータイプという選択がおすすめパターンです。

いずれにしても、ラージサイズと、レギュラータイプでは、つなぎ目が異なるので混在してつなげることはできませんのでご注意ください。

 

やさしいコルクマットは、こちらから ↓ ↓ ↓

やさしいコルクマットの商品種類こちらから