コルクマット実店舗販売の『ニトリ』『カインズ』『コーナン』『100均』について

人気の『コルクマット』について、実店舗でもオリジナル商品を販売している 『ニトリ』『カインズ』『コーナン』『100均』について焦点をあて、100均商品のメリット・デメリット。また100均と比べた『ニトリ』『カインズ』『コーナン』のメリット・デメリットをまとめて見ました。

コルクマットの『コルク』は天然素材であり、そのコルクの持つ自然な雰囲気がインテリアともマッチします。

お手軽に敷くことができ多くのメリットがあるコルクマットは、『あかちゃん』や『ペット』にもやさしいジョイントマットとして人気の商品です。

そんな、コルクマットは、各メーカからもオリジナル製品が出ており、主にネット通販で人気の商品です。

各メーカも『コルクマット』や『ジョイントマット』は、それぞれの会社で少しずつ製品の特徴(厚みや大きさ、ジョイント性能等々)を変えラインナップしています。

しかしながら、そのように人気のコルクマットは、品揃えが多く、どれを選べばよいのか? 迷ってしまいますよね。

次のブログでは、コルクマットを機能別に振り分け人気のおすすめコルクマットをご紹介していますので、ご参考ください。

コルクマットおすすめ~機能で選ぶベストチョイス!!~人気なのは?!

そのように人気のコルクマットですから、もちろん、インテリアショップ・ホームセンター・100均でも販売されています。

その実店舗販売の代表格が、『ニトリ』『カインズ』『コーナン』『100均の各店舗』となると思います。

※ここでの100均の各店舗とは、『ダイソー』『セリア』『キャンドウ』その他の100均の全店舗をまとめた総称として記載しています。

それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう

まず、店舗販売のうち、ご存じの通り、 インテリアショップ・ホームセンター である『ニトリ』『カインズ』『コーナン』と総合雑貨店の『100均』の各店舗とでは、扱う商品内容が異なります。

いわゆる、『ニトリ』『カインズ』『コーナン』のインテリアショップ・ホームセンターに分類される店舗(メーカ)で販売のコルクマットは、それぞれの会社でのオリジナル商品となります。

『100均』の製品も、プライベート商品展開をしているかもしれませんが、あくまでも店舗上、”100均一”にこだわらないといけないため、ほとんどが、ある一定期間での売り切り商品となることから店舗在庫限り、または、一定期間で商品が入れ替わる可能性が高いです。また、仮に”100均一”の店舗でそのような回答があっても、あまりそのことにクレームをつける人は、いないのではないでしょうか?
おそらく、みなさん、”100均一”だからと納得されるかと思います。

では、100均のコルクマットは他のコルクマットと比べると安いといえるのでしょうか?

ここは、微妙なところです。

他社(その他通販メーカ含む)のコルクマットは、それぞれの特徴と素材によりお値段は色々ですが、標準的なコルクマットの厚み(8ミリ)、大きさ(30㎝角)で比較すると、70円台~140円程度迄と製品により幅がありますが、概ね1枚あたり、100円前後といったところです。

100均は安いといったイメージが先行するため100均のコルクマットって聞くと、100均でコルクマット売っているの? と、安く見つけた感じがするように思いますが、百均が安いとは言えないうえに、そもそもみなさまも百均の品質に多くは求めないと思いますが・・・  ネット通販で人気のコルクマット専門店の方が品質も上だと思われます。 

では、『100均』のコルクマットを購入するメリットはないのかというとそうでもありません。

他のコルクマットのお値段の100円前後というのは、1枚あたりに換算すると100円前後というわけであり、100円で購入できるわけではございません。

ほとんどがセット売りのお値段となっていますので、1枚で買いたい。3枚あれば十分といった買い方はできません。
また、一般的に枚数が多いセットで購入するほど1枚当たりの金額は、お安く設定されています。

ちなみに枚数の目安として、6畳のお部屋にひき詰めようと思うと、30センチ角の標準サイズで約108枚必要。  45センチ角の大判サイズでも、約48枚必要となります。

100均のコルクマットのメリットとは?

・1枚から、必要な枚数だけ購入できる。

・100均の店舗は比較的多いのでお店での購入がしやすい。

・気軽にお試し買いができる。

・実店舗なので、商品を触って確かめられる。

100均のコルクマットのデメリットとは?

・お部屋いっぱいに敷き詰めるつもりであればそれだけの在庫がない可能性が高い。

・ふち付の商品がない。

・枚数が多い場合、持ち帰りが大変。

・期間をあけて、同じコルクマットを追加購入したくても同じ商品がない可能性がある。

・商品を触って確かめられるが、商品性能の詳しい情報が少ない。

・一般的に通販で人気のあるコルクマットの標準の厚み(8ミリ)より薄く作られていたりする。

と、いった、メリット・デメリットがあり、

おすすめな購入の仕方としては、コルクマットを数枚だけで使って見たり、お試しで使い心地を試して見るというのは、よろしいかと思います。

また、デメリットのことを考えると、お部屋いっぱいに敷き詰めたいと考えている場合は通販を含めた、他のコルクマットを購入することをおすすめします。

次に、『ニトリ』『カインズ』『コーナン』のオリジナルブランドの商品です。

100円均一と比べた場合の

『ニトリ』『カインズ』『コーナン』のメリットは?

・実店舗なので、商品を触って確かめられる。

・同じコルクマットがいつでも置いてあるので追加購入も可能。

・商品取り寄せも可能。

・各社オリジナルブランドのコルクマットは、ネット通販でも購入が可能。

・お部屋に敷き詰められる枚数を購入するときは店舗で買うより通販が便利だが、店舗購入・通販購入の選択が可能。

『ニトリ』『カインズ』『コーナン』のデメリットは?

・100均の各店舗に比べ、店舗数はなく場所によってはお店迄遠い可能性がある。

※ここでの100均の各店舗とは、『ダイソー』『セリア』『キャンドウ』その他の100均の全店舗をまとめた総称として記載しています。

 

ここからは、 『ニトリ』『カインズ』『コーナン』の商品の話となりますが、製品別に特徴を見ていきましょう。

『ニトリ』『カインズ』『コーナン』の3社で見た場合、大きな違いは、

お値段以上の『ニトリ』は、お値段で勝負!!

対する『カインズ』も、お値段で勝負!!

であり、表面『コルク』+裏地『ポリエチレン(PE)素材』の商品展開です。

対する、『コーナン』は、

他のネット通販で主流の表面『コルク』+裏地『EVA素材』の商品展開です。

ここで、ポリエチレン(PE)とEVA樹脂の特性の違いが気になるかたは、

『ジョイントマットやコルクマットに使われるEVA樹脂とは?』をクリックしてご参考ください。

 

『ニトリ』『カインズ』ともに同じような商品展開で、特別な使い道は捨てて、
もっとも幅広い標準的な使い方に商品を絞り込み、代わりに価格を抑える方に徹した商品展開と思われます。

製品の特徴を見ると、品質よりも見た目重視でかつ購入しやすい価格設定をされているかと思います。

ポイントとしては、高さは、標準の8ミリ厚に統一、大きさは、標準の30㎝角と、大判の45㎝角の2商品に絞って商品を設定展開し、高さを標準的な8ミリに統一することで双方がつなげられるように互換性があり、使いやすくなっています。

品質的な観点からいうと、良くも悪くも無難といえる製品といえます。実際に買ってみて、その商品が使用用途とマッチし使用感が悪くなければ、価格もお安いので、コストパフォーマンスは高いと思われます。

ただし、特別な用途として、 安全性を求めるクッション性能や防音性能、また、床暖房対応といった、性能面を求められる場合はそれらに力を入れた製品に比べると物足りないかもしれません。

いずれにしても、ニトリ・カインズともにコルクマットの価格はお安く設定されていると思います。各社9枚からのセット売りとなりますが、ちなみに1枚当たりのお値段は100均より安いです。

ニトリのコルクマットを見てみる ← こちらをクリックしてください

カインズのコルクマットを見てみる ← こちらをクリックしてください

因みに同じ、表面『コルク』+裏地『ポリエチレン(PE)素材』の商品展開で、コストパフォーマンスが高い製品としては、『タンスのゲンのコルクマット』があり、 ネット通販で常に人気上位の商品となています。

タンスのゲンコルクマット(6畳・45センチ角・8ミリ厚)

 

対する『コーナン』の製品は、他のネット通販で主流の表面『コルク』+裏地『EVA素材』の商品で展開中です。

コーナンのコルクマットを見てみる ← こちらをクリックしてください

『コーナン』の製品も標準的な作りで、裏地が『EVA素材』にしては、お値段的には、健闘されていると思われますが、一般的な厚み8ミリに対して、7.8ミリという微妙な厚みとなっています。また、ニトリとカインズのコルクマットとは違いふちなしとなっておりますのでご注意ください。

先のメリット・デメリットでご紹介した通りコルクマットの使用方法として、現物を見て購入したい、または、少数のコルクマットを買って見て試してみたいといった購入の仕方ではなく、お部屋いっぱい敷きたいといった場合は、ネット通販で購入する方が便利です。※ある程度のまとめ買いで送料無料となるネット通販が多いのでどれだけまとめて買えば送料無料となるのかもご確認ください。

各メーカとも『コルクマット』や『ジョイントマット』は、それぞれの会社で少しずつ製品の特徴(厚みや大きさ、ジョイント性能等々)を変えラインナップしていますので、実店舗販売をしている『ニトリ』『カインズ』『コーナン』『100均』にこだわらず、『使用用途にあった特徴を持つコルクマットを、ネット通販で選ばれた方が得策』だと思われます。

とは言え、人気のコルクマットは、品揃えが多く、どれを選べばよいのか? 迷ってしまいますよね。

次のブログでは、コルクマットを機能別に振り分け人気のおすすめコルクマットをご紹介していますので、ご参考ください。

コルクマットおすすめ~機能で選ぶベストチョイス!!~人気なのは?!

  

今回は、『ニトリ』『カインズ』『コーナン』『100均』に焦点をあて、まとめました。

『コルクマット実店舗販売の『ニトリ』『カインズ』『コーナン』『100均』の商品について』 については、以上となります。

なにか、お役にたてることは、ございましたでしょうか?

これからも、お役立ち情報をどんどん発信していきますので、おつきあいの程、よろしくお願いいたします。

   

All the best!

Sincerely yours,
インテリアマガジン/e商品.net